てーげーな私、海、空、さんごといいつたえ+あがっ

<   2005年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

思わず頷いた

旅行から帰って、日経ビジネスの特別編集版を見た。あるページから"賢人座談会"と(私の場合)恥しくなるような題名だが、ハーバード大学のビジネススクール(以下、HBSと示す)の教授に興味深い発言があった。

司会者".....企業はどんどん近視眼的になっているような気がします"という発言を受けて

HBSの教授”エコノミストや経営者が根本的な誤解をしているからです。『経営者は株主の利益を最大にする責任がある』という迷信です。この誤解は、エコノミストが米国のビジネススクールで教鞭を執るようになって生まれたものです。エコノミストは論文を書く時に数学的モデルを構築しますが、経営者が最適化すべき関数の1つとして『株主利益』を選んだのです。--途中略-- でも、最初は学者が数学的な方程式を解く為に、たまたま生み出した理論に過ぎなかったのですよ。神が経営者に下した戒律というようなものでは決してありません。ただ、何となく発生したアイディアなのです。”

司会者"衝撃的な話ですね。株主に振り回されていたら、企業は長期的な戦略など実行できないということですか。"

HBSの教授"そうです。現実を見て下さい。--略-- 彼ら(ヘッジファンドのこと)は所有している企業について何も知りません。次の四半期にその会社の業績がどうなるかという賭けをしているだけです。--略-- 経営者が責任を負っているのは、企業を長期的に健全に発展させていくことです。その責任を果たすために、社員を育て、顧客に喜ばれる製品やサービスを提供するのです。--略-- 株主の前で卑屈になることはありません。--略-- 間違った考え方から私達は一刻も早く解放されるべきです。"

教授に、私(達)がこうあるべきだと考えていたことを(MBAの教授から)言われるとは思わなかった。この部分は頷くのみである。
さて、今話題の企業の関係者はどう感じ、どう考えるのだろうか。

その他、某エレクトロニクスの会社について実名を挙げ、HBSの教授曰く
M氏は『会社の技術を使って人々の手助けが出来るだろうか』を観察からつかみ取ろうとしました。M氏が経営の最前戦から去り、マーケット調査とMBA取得者を重用するようになって、たちまち未来を見通す力を失ってしまった。過去を振り返ることしか出来なくなったのです。
[PR]
by isld | 2005-11-29 23:16 | 社会

西表島にて

d0009932_17254013.jpg

配偶者の強い要望で予定を変更し、西表島にやってきた。浦内川は遊覧船に乗り、星砂の浜を見た後、自称日本最南端の西表温泉に浸かって、あまりの気持ち良さで“温泉フォー”である。浦内川の上流の岩の配置は20数年前と変わっていた。長年の自然現象によって岩も流されたり、割れたり?したのだろう。この短い時間で見た動物はイリオモテノラネコとカンムリナシぐらいでした。残念。
また、西表島を横断したり、マヤグスクの滝を訪れる人は入山の申請が必要になったとのこと。私のようにてーげーな人には、やりにくい世の中になりそうです。
[PR]
by isld | 2005-11-26 17:25 |

平野の海

d0009932_18215194.jpg

d0009932_18215197.jpg

今日は平野の海を見に行った。ここで僕の海通いが始まったこと、ここの海がどんなに素晴らしいかを配偶者に説明した。学生時代にも言った筈だが、覚えていないとさみしい返事である。どこの家庭もこんなものか、それとも我が家だけなのか、微妙な所だがや。
ちなみに、日本全国で平野という地名がある(郵便番号案内のサイトでちょっと調べた)けど、とある県の"平野"(ここには海はないのだが)に亡き母の田舎があり、ちょこっと運命を感じたのだ。
[PR]
by isld | 2005-11-25 18:21 |

小浜島で思ったこと

d0009932_2145173.jpg

11/24は小浜島で“ちゅらさん”関係の場所を見学(物)したが、途中、最近見かけなくなった風景を見ることが出来た。それはススキの群生だ。外来種のセイタカアワダチソウに居所をとられたのでしょうか。最近、沖縄以外の都道府県では見かけなくなった。幼い頃の、田舎の風景を思い出す。今、引退後沖縄に移住される方が増えていると言われていますが、以外と、こんな点も(隠れた?)理由になってるかもと思った
[PR]
by isld | 2005-11-24 21:44 | 社会

石垣島から小浜島

d0009932_17312185.jpg

今日の夕方、石垣島に着いた。と思ったら早速、小浜島に移動だ。なんやかんやで、25分程遅れ、飛行場からフェリー乗場迄15分しかなかったけど、タクシーの運転手の方は「大丈夫さあ」と言って間に合った。明日は“ちゅらさん”見学だ。さすがに24年前は見れなかったのだ。
[PR]
by isld | 2005-11-23 17:31 |

日本の医療制度

今日(2005.11.22)の日経新聞の記事
「日本は未発売の有力新薬の多さで、バングラデシュやボリビアと並ぶ水準」で、臨床試験や承認審査が進まず発売出来ないケースが先進国の中で群を抜いて多いとのこと。
医療制度はこの点を優先して改革して欲しいものです。今は医療費の圧縮に議論が振られているようです(それもお金の出所をどこにするかという話が多くて根本的に圧縮する手段についての話はあまり聞こえてきません。)が、お金より、命を優先して議論できないのかなあ。何か変ですね。
[PR]
by isld | 2005-11-22 23:49 | 社会

ほら貝

20年程前に石垣島の平野の海で拾ったほら貝です。
今見るとフィンより一回り小さいくらいで結構なサイズでしたね。前にも書いたけど、みんなで食べた後に、平野の浜に埋めました。今もあるか探しに行こうと思ってます。
見つけてももう、ボロボロでしょうね。そうそう、ほら貝の味は結構濃い味だった記憶がありますけど、御存じの方どうですか。記憶違いがないかなあ。
d0009932_22584561.jpg

[PR]
by isld | 2005-11-21 23:02 |

イエローバンド再び

木曜日から今日(土)迄、治療の為入院していたのだが、イエローバンドを身につけている患者さんを見た。テレビでもトライアスロンのコーチが右手に着けているのを見つけた。
少しずつ、イエローバンドを身に着けて癌と対峙する運動?が広がっていることと思われた。こうして、癌に対し、特別な認識を待たずに、平常通り、合理的に過ごすことが当り前になり、合理的、科学的な治療法が更に進むといいなと思った一日でした。
[PR]
by isld | 2005-11-19 20:32 | 病気

今日の呆れた一言、でもほんとかしらん

今日のニュースで知った呆れた発言
村上さんのご発言でこういうのがあったらしい。
(参院財政金融委員会で、「上場企業はガラス張りになっていく一方、それを買い占める側の方のディスクロージャー(情報開示)はいま一つだ」との意見)に対して
ファンドの裏(実質株主)を見ようという国はない。ファンドの裏の投資家を(開示資料で)列挙しろと言ったら、(日本の証券市場に)金が入ってこない

何があっても株主に責任は無く、それを放棄するようなご発言であった。
少なくとも、株主になった以上は、その企業を監督し、企業の価値を高める様に、株主総会で異義や賛成を通じて意見を行使する権利と責任があるはずだ。しかし、名前を隠すと言うのは不透明極まりなく、今の企業経営の透明化の流れからファンドだけは関係無いという、ご都合主義が透けて見える。ただ単に儲かれば良いというのでは、シェークスピアの悲劇を思い起こさせられる。彼が悲劇を書いてから何世紀経ったのだろう。
悲しくも呆れた発言でした。彼の言う資本主義とはファンドのご都合主義の事なのでしょうか。そう考えていらっしゃらない事を希望します。

ファンドの透明化を嫌い入ってこなくなるような資金は何処の国でもいらないのでは、一歩間違えるとマネーロンダリングの片棒を担ぐことになり、事件でもあればファンドを運用する全ての会社の姿勢が疑われますけど.......。それでもいいの? 透明化を嫌う神経はテレビ番組で見る江戸時代の感覚 (××屋、おぬしも悪じゃのう....。何をおっしゃいますか。お代官様、ひっひっひっひ!。)と思うけど。
でも、選挙を見ると日本のトップの方もこの手のストーリーがお好きな様ですから、よくテレビに出演される政治家、投資家の方々も古い感覚をお持ちな事に変わりは無いようですね。そう言えば、投資家を選ぶ事は我々には出来ないが、政治家を選んでしまった我々の感覚も古いのか.........?
[PR]
by isld | 2005-11-15 23:44 | 社会

東京でお泊まり

土曜日の午後から日曜日の午前まで、東京に出かけて、おいしい食事に散財した。
泊まったホテルも一応名前の通ったところで、ホテルの庭園に出て、鯉や草花を楽しんだ。ここの料理を食べようとした理由は、数年前迄住んでいた広島県HA市に、料理の先生や、某TV局の役員の方、一般の方含め皆さんがおいしいと言う手頃な価格の和食屋が有った。その店のご主人に関東地方に転勤するので、好きな時にこの店の美味しい料理が食べられなくなるのが残念だ。料理の鉄人の店に行こうかなあと言ったら、ご主人は、XXX等の名の通った店に行って下さいとのアドバイスをくれた。
その通り、旨かった。お品書を見た時、こんなに食べれるかなと思ったが、一つ一つが小ぶりで、配偶者共々、残すこと無く全て食べる事が出来た。
私は、薬の副作用のせいか、舌の中央で感じる味覚が無くなりつつあるが、やはり美味しいものは美味しいのだった。
今はHA市に戻って、食事したいという欲求が頭を持ち上げたのでした。
[PR]
by isld | 2005-11-14 22:59 |



海と島、沖縄、八重山と最近の身の回りの事をてーげーに書いてます
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
最新のトラックバック
colterman
from colterman
pushup exerc..
from pushup exercises
delilah hey ..
from delilah hey th..
wife breeder
from wife breeder
outdoor rest..
from outdoor restau..
cotton sheet..
from cotton sheet s..
winterthur
from winterthur
man being fu..
from man being fuck..
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
yvette mimieux
from yvette mimieux
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
skateboardin..
from skateboarding ..
lowell priva..
from lowell private..
malibu beach..
from malibu beach b..
lake murray ..
from lake murray pr..
メモ帳
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧